ひな形用設定

ひな形を見たり作成して送信する場合、OutlookExpressやInternetExplorerの設定に変更を加える必要があります。
ここでは、設定の方法とその意味などを解説します。

[ぴあにしも][初心者向き手順書][オリジナルスクリプト集][オリジナルスクリプト2集][追加TIPS紹介][ソフト紹介][ソース表示はこれ][WEB用に変換][Lhaplus圧縮][ひな形配布][パスの考え方][ひな形用設定][Exma4][EML編集][ヘルプ][サンプルトップ][更新状況他][リンク][タグ掲示板][物置小屋]

 


ひな形を利用するために必要な設定

OutlookExpressでHTMLメールを読み書きする必要な設定を見ていきましょう。
HTMLメッセージに関係しない部分は詳しく説明しておりません。

OutlookExpressの設定は「ツール」=>「オプション」をクリック。


【1】『読み取り』タブ
メッセージは全てテキストで読み取る・・・チェックは外す。初めから外れていることが多い。テキストで読み取るではHTML表示できません。


【2】『送信』タブ・・・ここは項目別に説明します。

@[送信済みアイテム]に送信メッセージのコピーを保存する。チェックを入れます。
これは送信した後のメッセージを送信済みアイテムフォルダに残す場合にチェックします。
残すように設定しておくと、送信済みメッセージを後から確認したり再利用したりできますので、残すにしましょう。

Aメッセージを直ちに送信する。チェックを外す。
チェックしておくとメッセージ作成から送信ボタンを押すと直ぐに送信されますが、送信する前にサイズを確認したり、誤って送信ボタンを押してしまった〜なんてことを防ぐためにもチェックは外しておきましょう。チェックを外しておけば[送信トレイ]に一旦保存されますので、送信前ならば再度開いて修正することも可能です。
送信トレイに入ったメッセージはメイン画面の送信/送受信で送信されます。

B返信したメッセージの元の送信者アドレスをアドレス帳に追加する。自分にあった状況にあわせる。
これは時に雛型には関係もないのでご自分の状況に応じて設定してください。

Cメッセージ作成時に、自動的に電子メールアドレスを完了する。自分にあった状況にあわせる。
チェックを入れておくと、メッセージ作成画面において宛先欄にオートコンプリートが働きます。
以前入力したことのある文字列を自動表示し、入力を助ける機能です。これもひな形には関係ありません。

D「返信に元メッセージを含める」とは、返信メッセージ作成画面で元となるメッセージの内容をメッセージ欄に転写します。
HTMLメッセージの時にも元となるメッセージが転写されます。Eの「同じ形式で返信する」にチェックがある場合、テキスト内容だけではなく、HTML部分も転写されます。
転写する際、引用符が付くかどうかは設定によります(後述)。
チェックを入れていたほうが便利でしょう。
自分にあった状況にあわせる。

E「受信したメッセージと同じ形式で返信する」・・・返信または転送にすると元メールがHTML形式ならHTML形式でのメッセージ作成画面に、テキスト形式ならテキスト形式でのメッセージ作成画面になります。
チェックを入れた場合・・・転送で添付ファイルの保存ができません。
チェックを入れる入れないは各自の判断で。ちなみに僕の場合は通常チェックを外しています。状況によりチェックを入れて返信にすることもあります。

『エンコードの設定』ボタンクリック

「メッセージの返信に英語のヘッダを使用する」・・・チェックを入れていないときには元メッセージが日本語文字コードの場合、日本語表記になります。

チェックを入れると英語表記になります。
 

「メール送信の形式」・・・HTML形式になっていたらできるだけテキスト形式にしておきましょう。
一般的な電子メールの書式はテキスト形式で送ることが推奨されています。HTML形式で送ることができるのは受取手がHTML形式のメッセージを許可している場合だけと考えた方がいいでしょう。
テキスト形式にしていてもメッセージの作成画面をHTML形式に変更することは簡単にできます。HTMLメッセージを送りたいときだけ、作成画面で「書式」-「リッチテキスト形式」に変更しましょう。

「HTML形式の設定」ボタンを押してください。

「8ビットの文字をヘッダに使用する」は日本語などの文字コードをそのままヘッダに使用して送ります。通常メールのやり取りは日本語文字コードは使えません。
日本語メッセージが送れるのはBASE64などの文字コードに変換しているからです。ここのチェックを外しておくと変換して送られます。これが正しい送り方なので
チェックは入れないでください。

@の「メッセージに画像を添付する」にはチェックを入れておきます。入れてない場合はHTMLメッセージで画像やMIDIがメールに付きません。

A「返信時にメッセージをインデントする」HTMLメッセージを返信した場合、元のメッセージ内容は引用を示す、<BLOCKQUOTE>〜</BLOCKQUOTE>で囲まれ、インデントとして字下げや改行が行われます。
僕はこのインデントになるのが嫌でチェックは外しています。
お好みに合わせてください。 


3】『セキュリティ』タブ・・・ここは項目別に説明します。

@『使用する Imternet Explorer セキュリティゾーンを選択してください』
OutlookExpressでの動作に大きな影響を与えます。動くHTMLメッセージを読み書きするにはスクリプトやActiveXコントロールなどの技術を利用しなければ表示することもできません。
インターネットゾーンでは通常これらが有効になっており、制限付きサイトゾーンでは無効になっています。
HTMLメールを楽しむためにはインターネットゾーンにしておく必要があります。
尚、安全性が低くなりますとあるように、危険性が増すことになるので、ウィルス対策ソフトやファイヤーウォールなどのインターネットセキュリティソフトをきちんと導入・運用して、ウィルスや外部攻撃から守る手立てを講じましょう。

A『ほかのアプリケーションが私の名前でメールを送信しようとしたら警告する』
これはひな形では関係ないので、安全面から見ても
チェックを入れておきましょう。但し、これで完全にメール送信型ウィルスから守れるわけではありません。

B『ウィルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない』
これも通常は
チェックを入れていた方がいいと思います。但し、チェックを入れた場合、添付ファイルを開いたり保存したりが簡単にできなくなります。
その場合も転送を使えば添付ファイルの保存が可能です。
不安のある人はチェックを入れておいて下さい。HTMLメールの送受信には特に問題ありません。
尚、添付ファイルを保存し開く時にファイルの種類によりゾーンIDが付加されているためブロックされることがあります。
ブロックされるファイルのブロック解除は、そのファイルを右クリックして「プロパティ」をクリックし、「ブロックの解除」ボタンを押します。
『ウィルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない』にチェックを入れていない場合は保存したファイルもブロックされません。

Cイメージのダウンロード--『HTML 電子メールにある画像及び外部コンテンツをブロックする』
これはちょっと紛らわしい書き方をしています。受信したHTMLに添付されている画像やMIDIはここのチェック状態に関係なく表示されます。
ここをチェックした場合の問題は、HTMLメッセージ作成時や受信したHTMLメッセージに表示されるべき画像がメッセージについているものではなく、インターネットを通してダウンロードしてくるようなしかけのメッセージの場合です。

つまりメッセージから見て外部コンテンツになるものをブロックしてしまうということです。メッセージからみると自分のパソコンに保存されている画像なども外部コンテンツとみなされ、パソコンの中の画像を使用しているのに作成時に画像が表示されないことが起こります。
HTMLメールを楽しむためには
チェックを外しておいてください。

 


【4】『確認メッセージ』タブ・・・ここは雛型には関係ないのですが、メーリングリストなど多数相手に開封確認メッセージを要求する設定で送信している方がいますので、説明します。

「開封確認メッセージの要求」とは、受信者がメッセージを開封した時に送信者に「開封しましたよ」と知らせるメッセージを受信者に要求するということです。
勿論受信者は必ず「開封しました」と返事する必要はないわけです(要求に答えて開封確認メッセージを送るかどうかを自由にできる)。

通常ビジネスでのメッセージのやり取りや重要なメールである場合以外、要求しないようにした方が望ましいと思います。
特にML(メーリングリスト)など多数にメールが届けられる場合は、参加者全員に開封確認要求されます。

@ここのチェックは外しておきましょう。これで安易に開封確認要求が行くことはありません。
必要時にはメッセージ作成時に[ツール]=>[開封確認の要求]で要求するように設定することができます。

A「開封確認メッセージの要求」
開封確認メッセージを送信しない・・・これを選んでおくと送信者から開封確認要求があった場合も常に「開封したよ」という開封確認メッセージは送られません。

開封確認メッセージの要求を通知する・・・開封確認メッセージを要求されたメッセージを開いた時、それが開封確認メッセージを要求しているものであることを知らせます。
「状況に応じ開封確認メッセージを送ったり、送らなかったりできます。
通常はこれがいいと思います。

開封確認メッセージを送信する・・・開封確認メッセージ要求メッセージを開いた時に、開封確認メッセージを自動的に送信します。
これは選ばない方がいいでしょう。


HTML形式のメッセージ作成で大切な設定

HTML形式(リッチテキスト形式)メッセージを作成する画面では、最初OutlookExpessは「編集」しか表示されていない状態になっています。
このままですとソースを編集したり、プレビューしたりできませんので、設定を変えておきましょう。
一度設定しておけばずっと有効になります。

OutlookExpressの「メッセージ」=>「メッセージの作成」をクリックします。

メッセージの作成画面になります。
「書式」=>「リッチテキスト」をクリックします。これでHTML形式のメッセージ作成画面になります。

「表示」=>「ソースの編集」をクリックします。

これでHTML形式のメッセージ作成画面でいつも「編集」「ソース」「プレビュー」を切り替えて利用できるようになりました。

設定終了ですので、メッセージ作成画面は閉じてください(保存しなくて構いません)。


その他確認

Windowsって最初はファイルの種類を示す拡張子が表示されない設定にしてあります。
これは何かと不便で、ある意味危険でもあり、表示するように変更しておきましょう。

「コントロールパネル」=>「フォルダオプション」を開きます。
 

何処かわからない場合は「マイコンピュータ」アイコンをダブルクリックして開き、「ツール」=>「フォルダオプション」をクリックしても構いません。

「表示」タブい切り替え、詳細設定部分の一覧から「登録されている拡張子は表示しない」という項目を見つけチェックを外してください。

「OK」ボタンを押せば登録されている拡張子も表示されるようになります。


役に立つ情報をいくつか上げておきます。

雛形情報データベース--多くの役立つ情報が得られると思います。検索もできます。
http://5.pro.tok2.com/~ayanaotakashun/database/database.htm

一例

Outlook Express 各種設定について
http://5.pro.tok2.com/~ayanaotakashun/cgi-bin/database/database.cgi?cmd=dp&num=46

PC内にあるhtmlファイルを開こうとしても、すぐに正常表示されない問題
http://5.pro.tok2.com/~ayanaotakashun/cgi-bin/database/database.cgi?cmd=dp&num=49

Outlook Expressメッセージに添付されたHTMLファイルが正常に表示されない
http://5.pro.tok2.com/~ayanaotakashun/cgi-bin/database/database.cgi?cmd=dp&num=65

HTMLメールを楽しむためにWindowsXP SP2導入後確認しておきたいこと
http://5.pro.tok2.com/~ayanaotakashun/cgi-bin/database/database.cgi?cmd=dp&num=72

Outlook Express プレビューウインドウを表示させなくする方法
http://5.pro.tok2.com/~ayanaotakashun/cgi-bin/database/database.cgi?cmd=dp&num=43

Outlook Express 6.0 セキュリティー変更方法(WindowsXp sp2含む)
http://5.pro.tok2.com/~ayanaotakashun/cgi-bin/database/database.cgi?cmd=dp&num=47

ネット上の画像やMIDIを使用したメールを開くと画像が×になり表示されず、MIDIも再生されない。
http://5.pro.tok2.com/~ayanaotakashun/cgi-bin/database/database.cgi?cmd=dp&num=97

 

他、有用情報満載です。

ひな形で困ったら・・・雛形倶楽部Q&A

ホームページで配布参考・・・http://newing.qee.jp/twosite/twosite.htm

プレビュー用のサムネイル画像を作る・・・http://newing.qee.jp/twosite/sumnail.htm

 

[ぴあにしも][初心者向き手順書][オリジナルスクリプト集][オリジナルスクリプト2集][追加TIPS紹介][ソフト紹介][ソース表示はこれ][WEB用に変換][Lhaplus圧縮][ひな形配布][パスの考え方][ひな形用設定][Exma4][EML編集][ヘルプ][サンプルトップ][更新状況他][リンク][タグ掲示板][物置小屋]

 


Copyright(c) 2004 My Software. All rights reserved.