*--ぴあにしもタグ掲示板--*

ぴあにしも ホームページ

タグ使用例
 リンク先名称
囲むと太字
文字設定

ぴあにしもに無関係なファイルアップや投稿記事は管理者の判断で削除することがあります。
IPドメインSEARCH

投稿記事に対する返信は[Reply]ボタンから。
質問投稿に関するマナーはこちらから。参考になります。

自動メールアドレス収集ソフトによるスパムメール対策のため、メールアドレスは特に必要ない限り入力しないでください。
投稿用合言葉は「秘密」です。
新規投稿
 Name
 E-Mail
 U R L
 Icon Icon
 Title
 Message
<A>,<FONT>,<B>タグのみ使用出来ます。
 文字色
 File
大きさ2048KB以下( jpg, gif, jpeg, png, txt, htm, html, eml, mid, smf, lzh, zip, exe )
 Pass
投稿用PASS


テスト
TAXI  
新サーバーテスト
Date: 2013/09/06/08:46:53   [469]



SSWのミックスダウンについて
YOU  
はじめまして。私現在、仕事場ではLogicを、家ではSSW9 Professionalを使っています。
一つご質問があります。SSW9で、ミックスダウンをしようとしていますが、MIDIファイルのAUDIOファイル化は
簡単に出来ました。が、このAUDIOファイルと、VOCAL,Guiterと言ったAUDIOデータを一つにするという方法が
付属の教則本にも書かれていません。AUIDOファイル同士をマージする方法をご存知の方がいらっしゃいましたらご教示頂ければ幸いです。これが出来ないとマスタリングもできませんから。(笑)

よろしくお願いいたします。
Date: 2012/10/07/14:34:29   [465]

Re:SSWのミックスダウンについて
TAXI  
はじめまして。

複数のオーディオトラックをひとつのオーディオトラックにミックスダウンする方法は
http://www.pp-express.info/ssw80vs/ssw_auto1.html
のミックスダウンする方法に書いておりますので、参考にしてくださいませ。
尚、SSW9ではbounceがなく、「ファイル」メニューにある「オーディオファイルに保存」を実行します。
この時「□トラックを追加してデータを入力」にチェックを入れておくと、新たに追加されるオーディオトラックにミックスダウンしたオーディオファイルが埋め込まれます。
Date: 2012/10/07/18:30:10   [466]

Re:SSWのミックスダウンについて
TAXI  
SSW9Proのヘルプファイルより転載です。

オーディオファイルに保存
『ファイル』メニュー→「オーディオファイルに保存」

メインツール →



--------------------------------------------------------------------------------

選択したミキサーの出力(各AUDIOトラック、OUTPUT, VSTインストゥルメントで、現在有効な出力)をファイルに保存したり、同時に新たなAUDIOトラックに出力することができます。

ミックス出力をオーディオファイルに変換してCD作成や他のアプリで利用する場合、あるいは、VSTインストゥルメントによるCPU負荷を軽減するため、VSTインストゥルメントの演奏をオーディオファイルに置き換える場合に利用することができます。



操作手順
出力の一覧で、ファイルに保存したいミキサー出力を選択します。


表示されているデフォルトの保存パス、ファイル名、ファイル形式を変更するときは、[参照]ボタンをクリックします。


「オーディオファイルの保存」ダイアログで、保存場所、ファイル名、ファイルの種類(WAV/MP3)を指定し、[保存]をクリックして、元の画面に戻り、ファイル名欄に正しいパス名が表示されていることを確認します。


フォーマット欄で、保存するオーディオフォーマットを設定します。オーディオCD作成に利用する場合は、44.1KHz/16bit/STEREO を選択してください。


リバーブ、ディレイなどの空間系エフェクトを使用したとき、オーディオデータに変換すると曲の最後で残響成分(音の余韻)が不自然に切れてしまうことがあります。このような場合、リリース時間[ms]を設定して、音の余韻の長さ分データを伸ばすことができます。


ReWire接続している音源などで、オーディオファイルに保存できない場合は、

□実時間で処理する

にチェックを入れて、再度保存を実行してください。


保存するデータを同時に新たなAUDIOトラックに入力する場合は、

□トラックを追加してデータを入力

にチェックを入れます。MP3を選択したときは、トラックへの入力はできません。


MIDIトラックに繰り返し記号が入力されていて、ミックスダウンしたファイルとして保存する場合は、

□繰り返し記号を反映する

にチェックを入れます。


保存するファイル形式にMP3を選択した場合は、ビットレートと、必要に応じて[タグ情報設定]をクリックしてタグ情報を設定します。



[OK]をクリックすると変換が始まります。ステータスバーには処理の進行状況を表示します。

Date: 2012/10/07/19:14:06   [467]



明けましておめでとうございます。
namochi  
TAXIさん
新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。
お陰さまで、楽しくひな形制作ができました。

又度々ご厄介をおかけすると思いますが、
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
Date: 2012/01/01/21:24:40   [463]

Re:明けましておめでとうございます。
TAXI  
明けましておめでとうございます。

わざわざ書き込みに来ていただき、ありがとうございます。
今年もよろしく。
Date: 2012/01/02/10:14:36   [464]



宜しくお願い致します。
namochi   HOME
FILE 459_1.eml
TAXIさん、こんにちは

どうも有難うございます。
お言葉に甘え質問させて頂きます。

2011で送信すると、受信メールにスクリプトエラーが出ます。
OE送信の場合は問題ありません。

ソースが特殊ですので、もう諦めようかと思っていました。
見ていただけるだけで嬉しいです。

ファイルを添付させて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。
Date: 2011/02/21/12:38:01   [459]

Re:宜しくお願い致します。
TAXI  
FILE 460_1.eml
こんにちは。

アップされたEMLファイルのHTMLの記述に<BODY'>というタグがありますよね。
これがエラーを引き起こしているようです。
Windows Live メールはHTML記述ミスに厳しいのかもしれませんね。

原因
「<BODY'>の'が記述ミスのため。<BODY>とすればエラーにはなりません。

尚、エラーにはなりませんが、ひとつのHTML内にはBODYタグは一つが基本ですので、この<BODY'>は削除するのが望ましいと思います。
<BODY'>があるのは

function movurl() {
dw =3D document.body.clientWidth;
dh =3D document.body.clientHeight;
XS=3D5;YS=3D5+document.body.scrollTop;
moveto('urmid',XS,YS);
}
// End -->
</SCRIPT>
<BODY'><SPAN=20
style=3D"Z-INDEX: 20; POSITION: absolute; WIDTH: 165px; HEIGHT: 38px; =

のところです。
Date: 2011/02/21/14:31:38   [460]

Re:宜しくお願い致します。
namochi   HOME
TAXIさん、こんにちは

どうも有難うございました。

早速修正して、送受信をしてみました。

お陰さまで、ひな形制作初期の作品も、EMLファイルをアップする事ができます。
実はもう諦めていましたので、とても嬉しいです。
本当に有難うございます。

<BODY>タグが多いのは知っているのですが、ソフト任せの制作で修正する事ができません。
どうも申し訳ありません。

大変お世話になりました。心より感謝いたします。
又宜しくお願い致します。
Date: 2011/02/21/18:06:00   [461]



ペイントツールについて
tae   HOME
FILE 450_1.htm
おはようございます。

ペイントツールで文字を書いたのですが・・
Iとlの重なってるところが色がぬけてるのですが〜(?_?)
yはちゃんと重なってるところも色がついてます。

どうしたらいいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

羽ペン〜お借りしました〜〜m(__)m
Date: 2010/02/12/10:26:56   [450]

Re:ペイントツールについて
TAXI  
ひとつの連続したパスで塗りつぶしが行われる際は、遇数回塗りつぶしが重なる部分は塗りつぶされないんです。
LとIの筆記体では重なる部分で塗りつぶしが抜けますよね。そのような場合は重ならないように工夫します。
Date: 2010/02/14/17:03:34   [451]

Re:ペイントツールについて
TAXI  
FILE 452_1.htm
451の貼り付けた画像のℓはわざとわかりやすく隙間を大きくしていますが、こんな感じでトレースしてください。実際には隙間はないようにします。

こんな感じになります。
Date: 2010/02/14/17:05:58   [452]

Re:ペイントツールについて
tae   HOME
TAXIさん、こんばんは。

わ〜そんな風にトレースをしないとダメなのですね。
教えていただいてありがとうございました。
サンプルも見せていただいてありがとうございました。
やってみます〜〜
Date: 2010/02/14/20:06:51   [453]



よろしくお願い致します。
namochi   HOME
FILE 444_1.txt
TAXIさん、こんばんは

何時も有難うございます。

お絵かきツールに使いたいと思い、wordで絵を描きました。
必要と思われる部分だけ残したのですが、数字にvが交じっていたり・・・
これから先の作業が分かりません。
最初の一つで、教えて頂けないでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。
Date: 2009/12/27/01:08:42   [444]

Re:よろしくお願い致します。
TAXI  
namochiさん、こんばんは。

vコマンドはcコマンドと同じベジエ曲線を引きますが、cと違うのは、cが絶対座標であるのに対し、vは現在点を基準にした相対座標で制御点や終点を指定しなければならない点です。
またMS Office 2007にはスクリプトエディタもなくなっています。

ワードやエクセルのVMLソースは、coordsizeもまちまちになり、VMLペイントには使えないと思います。

面倒でもあやなおさんのVMLツールを使用した方が良いと思います。

VMLペイントスクリプトですが、現在のVML_PaintRtm.htmには、以前のものよりも描画する際のステップ数を自然数で指定するように改めております。

あやなおさんのツールでトレースする時に、細かく刻んでクリックしてトレースしてみてください。
そうすることで後から頂点の編集で修正する作業がかなり減ると思います。

クリックして頂点を置く段階でできるだけ正確にトレースされるように、細かく描くのがコツです。

これは最初にVMLペイントの使い方に反しているように思いますが、使い分けするといいと思います。

‖腓くのびのびとトレースする方法を選ぶか、∈戮く刻んでトレースする方法を選ぶか、どちらか一方を採用することを最初に決めたら、最後まで選択した方法でやり遂げます。

,諒法でトレースした場合は、頂点が少ないわけです。
このときは
var bed_nmb0=10//描画時のtのステップ数。大きいほど細かく描画するが、速度は遅くなる
のようにステップ数を多くします。
これで曲線に近くなると思います。

△諒法でトレースした場合は、頂点がたくさんあります。これを同じようにステップ数を大きくして描画させると、とてもペンの動きが遅くなります。
△諒法の場合は頂点自身が線の上にたくさん並んでいるのですから、あまり大きなステップ数で描画させなくても十分に曲線に見えます。
var bed_nmb0=3//描画時のtのステップ数。大きいほど細かく描画するが、速度は遅くなる
のように場合によってはこのステップ数を1〜4程度でも差し支えなくなります。

彩尚三のツールの場合は、頂点の編集が面倒度と思うんですよね。
それを極力減らすために刻んでトレースを試してみてください。
パスの座標は当然多くなります。

貼り付けた画像は、"初春"の"初"の点は刻んでトレースし、その下の部分を大きくトレースしたものです。
刻んでトレースした場合は修正の必要がほとんどないのがわかりますよね。
Date: 2009/12/27/02:19:56   [445]

Re:よろしくお願い致します。
TAXI  
説明追加しておきます。

【描画時のtのステップ数とは】

ひとつのセグメント(x0 y0 c x1 y1 x2 y2 x3 y3で構成されるひとつのベジエ曲線)を何回に分けて直線で描くか(折れ線になる)です。
画像で言えば、たくさんある◆の内、隣り合ったもの(◆---◆)ひとつを何回に分けるかです。
ひとつのshapeのpathにはこのセグメントが複数つながっているのが普通ですよね。
例えばセグメント10本のpathは、ステップ数が5の場合は、10×5=50本の直線でshapeの線が描かれることになります。

一例
path="m 1 134 c 5 134 9 134 22 129 c 35 124 36 122 53 114 c 70 106 72 104 88 97 c 104 90 103 88 117 86 c 131 84 134 84 144 87 c 154 90 157 89 158 97 c 159 105 152 107 146 118 c 140 129 139 130 132 140 c 125 150 133 149 118 156 c 103 163 84 165 73 168"

貼り付けた画像の線は、10本のセグメントで構成されています。
◎は描き始めの開始点で、これから次の濃い紫色の◆までが一本目。この濃い紫の◆かた次の濃い赤の◆までの線が二本目。
Date: 2009/12/27/02:44:07   [446]

Re:よろしくお願い致します。
TAXI  
FILE 447_1.htm
ついでに、折れ線で描いているのがわかるHTML置きます。

わざと速度を落としています。カクカクと動きますが、そのひとつひとつは直線です。
滑らかにするには、ステップ数を大きくします。
速度は
var btime_nmb0=300//描画速度調整(ミリ秒)
で変更しますが、0より小さくはできません。
それが最速ということになります。
Date: 2009/12/27/04:39:46   [447]

Re:よろしくお願い致します。
namochi   HOME
TAXIさん、こんばんは

どうもありがとうございます。
早速新しいツールをDLさせて頂きました。

描画速度が設定できるなんて素晴しいですね。
お絵かきに再挑戦してみます。

何時もご丁寧なご説明を有難うございます。
おかげ様で何とか今まで、ひな形制作を続ける事が出来ました。

自分では解決のできないことばかりです。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
Date: 2009/12/27/17:35:52   [448]

Re:よろしくお願い致します。
namochi   HOME
TAXIさん、新年おめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

おかげ様で年末MLへ、お絵かきひな形や、VMLひな形を投稿することができました。
どうも有り難うございます。

どうぞ、今年もよろしくお願い致します。
Date: 2010/01/02/01:28:09   [449]



よろしくお願い致します。
namochi   HOME
FILE 441_1.exe
TAXIさん、こんばんは

必要に迫られ私もIE8をインストールしました。
少しずつ、今まで制作したひな形のEMLファイルをアップしているのですが、
IE8環境で見ると、ぴあにしも制作ひな形で画像が回転する場合に黒い線が入ります。
これを防ぐ事ができるでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。

daiさんのパソコン不調ですが、又悪化していました。
でもその後怪しげなファイルを発見し、それを思い切ってアンインストールされたら、正常に戻りました。
ご自分ではインストールの覚えが全くないそうです。

どうも有難うございました。

Date: 2009/11/20/00:27:14   [441]

Re:よろしくお願い致します。
TAXI  
FILE 442_1.htm
黒い線が出るのは、透過画像にサイズ変更とフィルタがかかる場合です。
しかし、ぴあにしもを今後IE8用に更新する予定はありません。
ひな形を手作業で修正していくしかありませんね。
ぴあにしもに限らず、今までのひな形についても、フィルタをかけて、サイズ変更している透過画像のソースは、手作業で修正するしかありません。


原因がわかっていますから、次のどちらかを使用するしかありません。

.侫ルタをかけない。
widthやheightでサイズ変更をしない。

=================================================
まず、フィルタを使用しない場合、フィルタに関する部分を削除すればなんとかなります。

.哀蹇璽侫ルタとベーシックイメージフィルタがかかっていますが、グローフィルタを削除すると、光彩がでなくなります。
ベーシックイメージフィルタは、このひな形の場合、反転をしていませんので、外しても問題ないでしょう。

237行目のフィルタを削除
; filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.BasicImage(Mirror='+flix1+') progid:DXImageTransform.Microsoft.Glow(Color=#F2F2E6,Strength=5)

287行目のフィルタのパラメータ変更を削除(反転しないので関係なし)
dimgobj1[dnu1].filters(0).Mirror=flix1


=================================================
widthとheightでサイズ変更しない場合、フィルタを使用できますが、サイズ変更をzoomで行わなければならず、スクリプトの大幅な変更が必要になります。
これは相当難しいので、勘弁ください。

今までのひな形がIE8やWindowsLiveメールでうまく表示できなかったり、問題が発生するものがたくさん出てくるでしょう。
今雛形倶楽部で投稿されている方のほとんどが、WindowsLiveメールを意識していないと思います。
しかし今後いつまでXPやVistaが生き残るかを考えると、時間の問題でしょうね。
もしWindows 7用のWindowsメールなどが配布されないままで、Liveメールの仕様も従来のOEやWindowsメールと同じ仕様に大きく変わらない限り、早かれ遅かれ、IE8やWindowsLiveメールに対応せざるを得なくなるでしょう。
その時に従来のひな形をどうするか・・・旧OEやWindowsメール専用ひな形としてそのままにしておき、新たなひな形のみIE8やWindowsLiveメールに対応したもので作り上げていくのもひとつの方法でしょう。
従来のひな形もLiveメールに対応するように修正することも考えられますが、相当大変な作業になるでしょう。
一部のひな形はIE8がそもそも持っていない機能のために、修正ができないかもしれません。
なにかをあきらめ、何かを犠牲にすることも仕方がないかもしれません。

そうそう、このひな形の場合は、BODYのoverflowはhiddenにするか、scrollにした方がいいかもしれません。
Date: 2009/11/20/03:01:23   [442]

Re:よろしくお願い致します。
namochi   HOME
TAXIさん、こんにちは

どうも有難うございます。
これからソースの修正を頑張ってみます。
overflow・・・修正したいひな形がたくさんありました。

私の場合、できる対策はなるべくしたいと考えています。
ひな形数を考えると、全部に対応するのはとても無理ですが、
せめて、少し気持ちの収まるまで、修正をしておこうと思います。
これから制作するひな形は、全てIE8やWindowsLiveメールに対応したものにします。
たとえ、Liveメールの仕様が従来のOEやWindowsメールと同じ仕様に変わったとしても、
そのひな形を問題なく使用することができますので・・・

ご丁寧なレスを有難うございました。
又よろしくお願い致します。
Date: 2009/11/20/14:25:55   [443]



有難うございました。
namochi   HOME
TAXIさん、こんばんは

どうも有り難うございました。
お蔭さまで綺麗なひな形を制作できます。
教えて頂いたソースをIE対策用のファイルに保存しました。

すみません。
>bodyのpaddingが書き換えられる問題
についてお聞きしたいのですが、
具体的にはどういう状態になるのでしょうか?
例えば、left:0px; top:0px;に置いた画像が、left:10px; top:15px; に移動するとか?

どうぞよろしくお願い致します。
Date: 2009/11/09/00:32:09   [430]

Re:有難うございました。
TAXI  
こんばんは。

雛形倶楽部メーリングリスト(一般ML)のNo.172を見てください。
ソースでは、BODYの PADDING-BOTTOM: 0px PADDING-LEFT: 10px PADDING-RIGHT: 10px PADDING-TOP: 15px
になってしまっていますよね。
HTMLひな形ではPADDING:0pxとしていたのですが、書き換えられてしまった結果です。

で、画像は絶対配置(position:absolute)で、left:-1px top:-1px です。widthとheightは共に100%です。
-1pxはスクロールバーが出ない対策なんですが、右にスクロールバー程度の空白がありますよね。
position:bosluteですから、位置的にはleft:-1px; top:-1pxで表示され、PADDING-LEFTやPADDING-TOPの影響は受けませんが、PADDING-RIGHTの影響を受けている結果のスペースになってしまっています。
本来の100%で表示されていないんですね。
ちなみにPADDING-BOTTOM:0px なので、下にはスペースが出ていません。HEIGHTは本来の100%で表示されています。

このように内部コンテンツのサイズが、条件によってHTMLファイルのときと違う結果になってしまうんです。
なのでスクリプトで
body1.style.apdding=0
としてPADDINGを書き換えるとうまくいくようになります。
PADDINGは上下左右のPADDINGを一括で設定できます。
上下左右別々の値を設定しなおしたいときは
body1.style.paddingLeft=10のようにします。
Lが大文字になることに注意!!

No.173はスペースが出ないと思いますが、これがpaddingをスクリプトで0pxに変更させた効果です。

ではでは。
Date: 2009/11/09/23:01:14   [431]

Re:有難うございました。
namochi   HOME
TAXIさん、こんばんは

どうも有り難うございます。

申し訳ありません。注意が足りませんでした。
雛形倶楽部メーリングリスト(一般ML)のNo.172を保存していません。
Web上での展示ページがあるのでしょうか?教えて頂きたいのですが・・・

書き込むソースはあちらのページで拝見しましたが・・・

どうもすみません。
改めてあちらのページを拝見して、やっと意味が分かりました。
idとpaddingが一緒に書き込んであるんですね。
この位置に、このように書き込めば良いんですね。

<BODY id="body1">
<SCRIPT LANGUAGE="JSCRIPT">
document.body.setAttribute("id","body1")
body1.style.padding="0px"
</SCRIPT>

もうひとつ気になることがあります。
>・bd○・・・bgsoundのidをスクリプトで対策しているもの。サウンドは「書式」-「背景」-「サウンド」から付け直すことができます。

ひな形をDLしてソースを拝見したのですが、bgsoundのidをスクリプトで対策・・・というのが理解できませんでした。

申し訳ありませんが、お教えください。
どうぞよろしくお願い致します。
Date: 2009/11/09/23:31:54   [432]

Re:有難うございました。
TAXI  
FILE 433_1.eml
No.172(EMLファイル)
貼っておきますね。

あのサンプル(VMLペイントの秋 落ち葉ふるふる??)はかなり複雑にしていますが、通常ならbgsoundタグの後ろに(bodyの後ろでもいい)

var sound=document.all.tags("bgsound")
sound(0).setAttribute("id","bgm")
var music=bgm.src
bgm.src=""

というスクリプトを入れてあるんです。

これはドキュメント上のbgsoundというタグのエレメントをsoundという配列変数にいれ、その一番目のエレメント(オブジェクト)のidをngmと付け直しています。

bgsoundタグ自身にidを入れていなくてもこのスクリプトでid="bgm"に変更(アトリブート--属性--をセット)しているんですね。

なので、書式-背景-サウンドからbgsoundのサウンドファイルをチェンジしてもこのスクリプトでid=bgm"になるんです。

尚、もし通常のひな形に入れる場合は、bgsoundで音楽を入れない場合、このスクリプトはエラーになります。

bgsoundタグがある場合はidを付け直すという処理に変えれば、エラーは出なくなります。これはif文で、「もしsoundの中身が0より大きい(つまり1以上)場合は、〜〜」のようにします。bgsoundタグがない場合はsound.length=0なので、何もしなくなり、エラーにならないという訳です。

var sound=document.all.tags("bgsound")
if(sound.length>0){
sound(0).setAttribute("id","bgm")
var music=bgm.src
bgm.src=""
}

sound(0)が一番目のbgsoundエレメントをオブジェクトとして捕らえています(配列は0という数字から始まるため)。
Date: 2009/11/09/23:56:13   [433]

Re:有難うございました。
namochi   HOME
TAXIさん、こんばんは

このソースは、書式-背景-サウンドからbgsoundのサウンドファイルをチェンジする場合に必要なのですか?

私にはかなり複雑ですので、明日じっくりお勉強させていただきます。
どうも有り難うございます。
又よろしくお願い致します。


daiさんの件、どうも有り難うございました。
先ほど書き込みがありました。

今日パソコンを開いてもやはり駄目で、もう駄目かと諦めかけていたのですが、
何度か開いているうちに、マイクロソフトのアドオンが入っていないことがわかったそうです。

お蔭さまで、ひな形が見えるようになりました。
TAXIさんがいらっしゃらなければ、気付かず、見えないままの状態で、ずっと過ごしたかもしれません。
彼はひな形の大先輩です。ひな形が見えるようになって本当に良かったです。
どうも有り難うございました。
Date: 2009/11/10/00:22:09   [434]

Re:有難うございました。
TAXI  
必要があるかどうかは、ひな形次第ですが、

WindowsLiveメールにもHTMLファイル形式のひな形を配布する場合。
かつ、
BGSOUNDタグで音楽入りのひな形の場合。
かつ、
クリックで音楽開始させるなど、bgsoundのidが必要な場合。
´↓にすべて当てはまる場合に必要になると思います。

HTML形式の場合はWindowsLiveメールがbgsoundタグを削除してしまうので、書式-背景から付け直す必要があります。
その時bgsoundタグは書き直しされ、idは消えてしまいます。

クリック開始などの場合、通常idでbgsoundエレメントをオブジェクト名として利用しますよね。

最初から演奏させる場合には、idは使わないことが多いので、このような場合はこのid付け直しスクリプトは不要ですね。

bgsoundのidを利用するひな形の場合で、書式-背景-サウンドから付け直さざるを得ない場合に必要ということです。

OEやWindowsメールの場合は、bgsoundタグを消すことはないので、最初からbgsoundタグ内にidを入れておけばいいのですが・・・。
Date: 2009/11/10/00:37:09   [435]

Re:有難うございました。
namochi   HOME
TAXIさん、こんにちは

ご丁寧な説明を有難うございます。

NO172を拝見しました。
これにあのソースを書き込むと、右の空間がなくなるんですね。
お蔭さまで私によく理解できました。
早速、ひな形にソースを書き込みます。

WindowsLiveでHTMLひな形使用の場合は、bgsoundタグを削除してしまうので、書式-背景-サウンドで音楽を付け直さなくてはいけなくなり、その時bgsoundタグは書き直しされ、idが消えてしまう。
それで、クリックで音楽開始させるなど、bgsoundのidが必要な場合、このソースが必要になる。

通常のひな形でbgsoundで音楽を入れない場合、このスクリプトはエラーになる。
でも、MIDIが無い場合はbgsoundソースが存在しない・・・という事になっている。

最初から演奏させる場合には、idは使わないことが多いので、このような場合はこのid付け直しスクリプトは不要。

今現在は最初から開始の音楽ばかりですが、将来必要になると思いますので
レスを頂いていきます。

大変お世話になりました。どうも有り難うございます。
又よろしくお願い致します。
Date: 2009/11/10/15:29:16   [436]

Re:有難うございました。
namochi   HOME
TAXIさん、こんばんは

DLファイルの確認を有難うございました。
お蔭さまで安心して先に進めます。

ご親切に感謝いたします。
又よろしくお願い致します。
Date: 2009/11/11/00:41:00   [437]

Re:有難うございました。
namochi   HOME
TAXIさん、こんにちは

昨夜はどうも有難うございました。

説明の為の簡単なページを制作したいと思います。
ひな形の置き場所の参考資料として、
こちらの「Stationeryのありか」を使わせて頂きたいのですが宜しいでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。
Date: 2009/11/11/16:40:58   [438]

Re:有難うございました。
TAXI  
こんばんは。

内容は自由に書き換えるなりして使ってください。

OEやWindowsメールでは、Stationeryの場所は「ひな形の適用」で最初に開くフォルダですので、解凍先指定(あくまでもHTML形式のひな形)に必要かと思います。

しかしWinodws Liveメールでは、基本的にHTML形式のひな形はあまり有効な方法ではありません。

WindowsメールでもWindowsLiveメールでも、EML形式のひな形の場合はStationeryフォルダに置く意味はほとんどありません。
この場合はStationeryに解凍させる必要性は全くありませんし、Stationeryフォルダを開き、ENLファイルを開いて利用するということも利便性を感じません。
むしろEMLファイルは、ユーザーがわかりやすいフォルダに解凍させる方がいいのでしょうけど、デスクトップでは、荷が重過ぎますし(デスクトップにファイルを置きすぎるとPCのパフォーマンスが落ちる)。


EMLひな形の管理について

「EMLひな形専用フォルダを作り、そのフォルダのショートカットをデスクトップに作ることで、簡単にそのフォルダを開くことができます。作成したフォルダの中ににnamochiフォルダを作って頂いて、そこに私のEML形式のひな形を解凍させれば利用しやすくなります。
EML形式のひな形は、基本的にご自分で整理整頓し、管理してください。」
位しかないかなぁと。

OEやWindowsメールがあるXPやVistaで敢えてWindowsLiveメールで「ひな形を使って」メッセージを送信するメリットはほとんどありません。
WindowsLiveメールをメインに使っている場合でも、「ひな形を使って」メッセージを送信する場合は、OEやWindowsメールを使用することを推奨します。
※WIndowsLiveメールの機能を利用してHTMLメッセージを送信する場合を言っているのではありません。

こんなこと位しか思いつかないですね。
Date: 2009/11/11/17:49:50   [439]

Re:有難うございました。
namochi   HOME
TAXIさん、こんばんは

どうも有り難うございます。
Stationeryのありかは、今回の場合、必要ないということですね。

デスクトップに私専用のひな形ファイルを置くというのはお勧めできませんので、
「EML形式のひな形は、何処に置かれても結構です。」
と書こうと思います。

詳しい説明のお陰でよく理解できました。
どうも有り難うございました。


Date: 2009/11/11/21:25:27   [440]



VMLペイントスクリプトの利用法
Naganon  
おはようございます。
TAXI様
「春菜ちゃん」のVMLペイントスクリプト、私にとり難しく、失敗を繰り返しながら
やっと半分まで出来ました。有難うございました。
完成するまで(少しずつ作成しているため)もう少しかかりそうですが頑張ります。
Date: 2009/08/30/09:37:54   [425]

Re:VMLペイントスクリプトの利用法
TAXI  
こんんちは。

春菜ちゃんは練習用素材として勝手に拝借しております。

練習で慣れましたら是非ともご自身のオリジナル素材でVMLペイントひな形を作って公開してくださいね。
Date: 2009/08/30/13:07:21   [426]

Re:VMLペイントスクリプトの利用法
namochi   HOME
Naganonさん、失礼致します。

TAXIさん、こんばんは

オリジナル作品に使わせて頂きました。
どうも有り難うございます。

これからじっくり使い方を考えます。
いろいろ出来そうで楽しみです。

どうも有り難うございました。
Date: 2009/08/31/23:09:19   [427]

Re:VMLペイントスクリプトの利用法
TAXI  
どうぞどうぞ、自由にお使いください。
リンクもいりませんよ。

ではでは。
Date: 2009/09/01/18:39:22   [428]

Re:VMLペイントスクリプトの利用法
namochi   HOME
TAXIさん、こんばんは

お知らせを有難うございます。
早速お勉強させて頂きました。

実は、細かい画像を描く時、かなり苦労していました。
拡大できると助かります。

以前から書いてあったのかもしれませんが、
文字のサイズを小さくする・・・というのも良いですね。

お蔭さまでお絵かきが随分楽になります。
どうも有り難うございました。
Date: 2009/09/03/22:34:52   [429]



よろしくお願い致します。
namochi   HOME
FILE 419_1.htm
TAXIさん、こんにちは

大変お世話になりました。
お絵かきご指導の配信を有難うございます。
詳しく説明をして下さっていますので、大変勉強になりました。
どうも有り難うございます。

TAXIさんの教材のように繊細に描く事はできませんが、私なりに頑張ってみました。
何とか問題なく絵が描けたのですが、
欲を出しまして、nextStory(){}の中にソースを書き込むと、
エラー表示が出て、ペンが表示されなくなってしまいました。

訳もわからず制作していますので、
又無理な事をしているのかもしれません。
nextStory(){}の中にはどのようなことが書き込めるのでしょうか?

ご面倒ばかりおかけして申し訳ありません。
どうぞよろしくお願い致します。
Date: 2009/08/26/18:00:28   [419]

Re:よろしくお願い致します。
TAXI  
こんばんは。

まずnextStory()は、スクリプトですから、スクリプト式しか書けません。HTMLやVMLやTIMEのタグを入れることは出来ないんです。

それから既にsetvmlの方にあるサブエレメントをスクリプトでコピーするような形になりますので、同じIDのものが二つ存在するようになります。
これを操作しようとしてもオブジェクトが二つあるために動作しません。

スクリプトからTIMEを作動させることは出来るのですが、idの重複によってtargetelementがひとつに特定できなくなるために動作しないんですね。

この件については少し考えさせてください。

idを書き換えるというのも検討しているのですが、かなり面倒そうです。

方法としては、花びらをvisibility:hiddenで予めVMLstageに入れておき(z-index設置)、ペイントが終わったらそれをvisibleにしてから、そちらの花びらをTIMEで色換えするというものを考えております。

春菜ちゃん、描けましたね (⌒〜⌒)ニンマリ


Date: 2009/08/26/21:28:58   [420]

Re:よろしくお願い致します。
namochi   HOME
TAXIさん、こんばんは♪

どうも有り難うございます。

>花びらをvisibility:hiddenで予めVMLstageに入れておき(z-index設置)、ペイントが終わったらそれをvisibleにしてから、そちらの花びらをTIMEで色換えする。

これから、これを試してみます。

榛菜ちゃん、何とか可愛らしく描けましたが、髪のキラキラが・・・私には繊細すぎます。
TAXIさんは凄いですね。

残念な事に、この雛形はHPでの配布ができません。
でもいろいろ学びましたので、活用したいと思います。

どうも有り難うございました。
又よろしくお願い致します。
Date: 2009/08/26/21:42:19   [421]

Re:よろしくお願い致します。
namochi   HOME
FILE 422_1.htm
TAXIさん、こんばんは

どうもすみません。
花のソースを書き足していろいろ試したのですが、
画像の上に表示することが出来ません。

申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。
Date: 2009/08/26/23:06:03   [422]

Re:よろしくお願い致します。
TAXI  
FILE 423_1.htm
えっとですねぇ、ペイントしたshapeはVMLstage上にあるわけですよね。
visibility:hiddenで追加するVMLもこのステージ上に置いて、z-indexを指定しておきます。

で、ペイントする方のsetvmlに置くshapeにもz-indexを入れておきます。
そうしないとペイントしたものと予め置いていたものの重なりが変わっちゃうんで。

で、ペイントするための花びらまではz-indexはまあ要らないでしょう。
花びらより後書きする(<!--花芯1-->以降)のz-indexを3にしましょうか。
すると予め隠しておいて置く花びらのz-indexは3よりも小さければいいですよね。
またペイントする花びらの方はz-index指定がありませんから、z-indexは0。
つまり隠しておいて置く花びらのz-indexは1か2にすれば、表示させたときにはペイントされた花びらよりも前面に表示され、<!--花芯1-->以降のものよりも背面に表示されますね。

で、VMLstageに<!--花弁1-->〜<!--花弁5-->までをコピーして貼り付けます。
で、このshapeのid(fillサブエレメントのidも)が重複しないように書き換えておきます。

<!--花弁1-->
<v:shape id="kaben1" を
<!--花弁1-->
<v:shape id="kaben11" のように。

<v:fill id=obujc1 を
<v:fill id=obujc11 のように。

これらshapeをvisibility:hiddenにしておきます。

で、nextStory(){〜〜〜}
ここにこれらshapeのvisibilityをvisibleにするようにします。

function nextStory(){
//空白にしておいても構いません。
kaben11.style.visibility=kaben21.style.visibility=kaben31.style.visibility=kaben41.style.visibility=kaben51.style.visibility="visible"


で、問題のTIMEで色換えですが、parを使用すると上手くいきません。
begin="indefinite"ですと、繰り返しが起きないですし、begign="indefinite:iro5.begin+2"とも書けません。

で普通に書きました。

<t:animateColor id="iro1" targetElement="obujc11" attributeName="color2" begin="indefinite" dur="8" to="#f0fc0a" fill="hold" autoreverse="false" repeatCount="1" />
<t:animateColor id="iro2" targetElement="obujc21" attributeName="color2" begin="iro1.begin+2" dur="10" to="#f0fc0a" fill="hold" autoreverse="false" repeatCount="1" />
<t:animateColor id="iro3" targetElement="obujc31" attributeName="color2" begin="iro2.begin+2" dur="10" to="#f0fc0a" fill="hold" autoreverse="false" repeatCount="1" />
<t:animateColor id="iro4" targetElement="obujc41" attributeName="color2" begin="iro5.begin+2" dur="10" to="#f0fc0a" fill="hold" autoreverse="false" repeatCount="1" />
<t:animateColor id="iro5" targetElement="obujc51" attributeName="color2" begin="iro3.begin+2" dur="10" to="#f0fc0a" fill="hold" autoreverse="false" repeatCount="1" />
<t:event begin="iro4.begin+2" onbegin="iro1.beginElement()" dur="0.1" />

最後の<t:event />ですが、iro4が開始されてから2秒後に開始されますよね。
すると開始したというイベントが発生しますから、onbeginイベントハンドラでキャッチしてから、iro1を始動させます。iro1.beginElement()は始動しなさいという命令(メソッド)です。

でも「最初のiro1はいつ開始されるの?」ってなりますよね。

そこでnextStory()に
iro1を始動しなさいって書いておくんです。

で、nextStory()は次のようになります。

function nextStory(){
//空白にしておいても構いません。
kaben11.style.visibility=kaben21.style.visibility=kaben31.style.visibility=kaben41.style.visibility=kaben51.style.visibility="visible"
iro1.beginElement()
}

visibilityをvisibleにするのは<t:set />でもできますが・・・。begin="iro1.begin"で。

一応花びらが右回りで色変わりするようにするために、iro4とiro5の順番は変えております。

namochiさんはオリジナルの絵をマウスアートなどで描いておりますよね。
ワードやエクセルの図形描画も基本はVMLなので、是非ともオリジナルなもので公開を楽しみにしております。

P.S 音楽は
<BGSOUND balance="0" src="http://www.pp-express.info/otomezakyu.MP3" volume=" 0" loop="1">
</head>
にあるBGSOUNDを書き換えてくださいね。
OEやWindowsメールの背景からも音楽は変更できます。
Date: 2009/08/27/00:01:57   [423]

Re:よろしくお願い致します。
namochi   HOME
TAXIさん、こんばんは

大変お世話になりました。
ご面倒をおかけして申し訳ありません。
じっくりお勉強させていただきます。

花の色の変化がとても綺麗です。
素敵ですね!

是非このスクリプトをお借りして、
オリジナルでひな形制作をしてみたいとおもいます。

どうも有り難うございました。
又よろしくお願い致します。
Date: 2009/08/27/00:30:30   [424]



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
ぴあにしも ホームページへ戻る



033051
[TOP]
shiromuku(bu2)BBS version 2.50